加圧トレーニングとは

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニング,効果的,理由,メリット,やり方,ボディメイク

 

加圧トレーニングとは、腕や脚等の付け根に専用のベルトを締めて、各個人に合った適正な加圧を加え、血流を制限してトレーニングを行う方法です。血流を止めてトレーニングを行うので大丈夫かと心配になる人もいるが、加圧トレーニングは専用のベルトで適正な圧力を加えて血流を制限しているだけで止めていないので大丈夫です。

 

バンドの圧力を強くすると危険であるので、自己流では行わないように気を付けます。加圧トレーニングは、専用のベルトと適性な圧力をバンドにかけられる指導者の管理の下行う事が必要です。加圧トレーニングの特徴は、低負荷で短時間で短期間で効果が現れる事です。

 

高負荷で行ったトレーニングと同じかそれ以上の効果を、得られます。また1回の加圧時間は、脚は15分で腕は10分と決まっているので全身を30分で終わらせられます。通常のトレーニングでは全身を行うと、2時間以上はかかってしまうのでかなり時間短縮が出来ます。

 

加圧トレーニングは体内環境を変化させる事が目的であるので、筋肉の損傷は少ないので回復にかかる時間も短縮出来ます。そのため、短期間で効果が出やすいのです。通常の筋トレは筋肉を損傷させるので、回復するのにかなり時間が必要です。

 

これと比べても、回復時間が短いのが分かります。

加圧トレーニングが効果的な理由

加圧トレーニング,効果的,理由,メリット,やり方,ボディメイク

 

加圧トレーニングを行うと、むくみが改善出来ます。むくみは血液の循環が悪くなる事で起こり、血液には体の中に毛細血管が巡っていて必要な栄養素を体中に届ける役割があります。

 

小さい毛細血管が繋がっていないので、血液成分である血小板がにじみ出て細胞間液となり細胞に栄養素を運んでいきます。役割を終えた細胞間液は水分や老廃物になって、リンパ管や静脈に運ばれていきます。

 

この時にリンパ管や静脈の流れが悪い状態であると、水分や老廃物が行き場をなくすので皮膚の下に溜まってこれがむくになるのです。加圧トレーニングは筋力アップ以外に血液の循環を良くする効果があり、脂肪の燃焼を促すだけではなくむくみ改善効果も期待出来ます。

 

すっきりとした体型を維持していく事が出来て、むくみが解消されます。加圧トレーニングは専用のベルトで血液の流れを制限するため、血液が筋肉に留まりやすい状態に出来ます。それにより末梢の血管にも血液が循環して、細胞の隅々までに酸素が巡っていきます。

 

トレーニング後にベルトを外すと、大量の血液が一気に体中を駆け巡る事になります。今まで血液を悪くしていた老廃物が押し出されていくので、血液の流れがスムーズになり、老廃物が排出され、むくみの解消になります。

加圧トレーニングのメリット

加圧トレーニング,効果的,理由,メリット,やり方,ボディメイク

 

加圧トレーニングのメリットは、短時間で効果が出る事です。最短で30分で効果を得る事が可能で、加圧トレーニングの上肢制限は10分で下肢制限は15分です。合計でも25分であるので、通常の運動よりも早く効果を得られます。

 

加圧トレーニングは血液の循環を制限するので、そこから起こる筋肉内の低酸素化により速筋繊維群の強化が起こります。もう1つは加圧ベルトで静脈を強く制限するので、血中の乳酸濃度が上昇してその結果として成長ホルモンが最大で290倍も分泌されます。

 

他にはアナボリックホルモンや、アドレナリンの分泌も盛んになります。加圧トレーニングは通常のトレーニングとは異なり、低負荷で低レップであるものの筋肥大を可能にしています。低負荷であるので、楽をして筋肥大にする事が出来ます。

 

通常のトレーニングであると、フォームの安定が難しかったり筋力がないので出来なかったりします。加圧トレーニングは低負荷で短時間で出来るので、高齢者や機能的な制限を持っている人やトレーニング初心者でも筋力アップが可能です。

 

静脈をやや強く制限するので、一時的に血液が停留します。流れを塞ぎ止められた川のようになり、血液は流れる場所を探します。これが毛細血管の拡張に繋がり、結果として肩こりやむくみの改善になります。

加圧トレーニングのやり方

加圧トレーニング,効果的,理由,メリット,やり方,ボディメイク

 

加圧トレーニングのやり方は、筋肉量を増やしたい部位に加圧用のベルトを巻いて、軽い負荷で回数を増やして行うようにします。それは成長ホルモンにより筋肉を成長させていくので、その分泌のために乳酸が沢山発生するトレーニングを行うためです。

 

乳酸は低負荷で高回数での運動の時に疲労する事で発生するので、連続で20から30回続ける必要があります。インターバルは短くして、10秒休んだら乳酸が貯まった状態で次のセットに入ります。腕が上がらない程度に疲労した所で、ベルトを外します。

 

その時に腕はかなりパンプアップしているのが分かり、1日20分のトレーニングを1か月続けると目に見える効果が現れます。加圧トレーニングは自宅で行う事も出来て、加圧ベルトを巻いてスクワットや腹筋や腕立て伏せ等を行います。

 

軽いウエイトであっても、体感負荷が高くなります。これを週3回を2年程行っていくと、効果は出てきます。大きな筋肉は付かないが、筋肉量を維持したりアンチエイジングや肩こりの解消等の効果が感じられます。

 

ジムでももちろん出来ますが、移動時間等を考えると自宅で行った方がマシンも不要で、短時間である程度の効果的な加圧トレーニングが出来ます。

マッスルアーマー加圧シャツの通販購入はこちら!トップページへ筋トレダイエットが続かない方、ブヨブヨに太ったデブ腹を改善したい方はトップページのマッスルアーマー加圧シャツの詳細も確認してみてください。